BIOMARIN

研究開発

BioMarin(バイオマリン)は希少疾患を対象とした、
画期的なバイオ医薬品を開発・提供している製薬会社です。

研究開発について

BioMarin(バイオマリン)は希少疾患を対象とした、
画期的なバイオ医薬品を開発・提供している製薬会社です。

私たちは患者さんのアンメットメディカルニーズを満たすため、
画期的な治療を提供しています。

希少疾患に悩まれている患者さんにとって、
まずは診断までの年月が非常に重要となります。
診断された後も治療の選択肢がない、もしくは極めて少ない場合が多く、
BioMarinはそのような患者さんへ治療薬をお届けすべく尽力しています。
BioMarinの中枢にあるのは、そのための研究開発
および製造の取り組みにおける効率性とスピードです。

BioMarinは主に希少疾患に対する
画期的な新しい治療薬の開発に積極的に取り組んでいます。
現在国内3疾患3製剤を提供しておりますが、
同時に、治験中及び前臨床医薬品候補を複数開発中です。

1997年の創設以来、BioMarinは希少疾患に対するバイオ医薬品を複数開発してきました。
このことはアンメットメディカルニーズに取り組む当社の熱意を表しています。

研究開発について

販売中の製品

BioMarin(バイオマリン)は、現在、日本で3製品を承認販売しています。

ムコ多糖症ⅣA型治療剤
ムコ多糖症Ⅵ型治療剤
セロイドリポフスチン症2型治療剤

BioMarinの全ての製品が拠点のある全ての国で入手できるとは限りません。

開発パイプライン

日本国内

  • 軟骨無形成症 第3相臨床試験実施中
  • フェニルケトン尿症 第3相臨床試験実施中

米国本社

  • 本社サイトをご覧ください。
page top